img-1

パート看護師として働くススメ

看護師の勤務環境は過酷を極めており、離職者や転職者が増えているのが現状です。



多くの看護師は女性であり、結婚や妊娠、出産などの人生の大イベントを迎えたり、過酷な勤務形態によって家庭やプライベートとの両立が難しくなったり、職場の環境に疲れるといったことが原因で仕事を辞めてしまうようです。



入院施設がある病院などでは、夜勤があり、不規則な生活を強いられるため、心身に大きな負担がかかってしまうこともあります。


医療現場で働きたいという看護師にピッタリなのが、パートという働き方です。常勤職員よりも、勤務時間や日数の融通が利きやすいため、自分の希望に合わせた働き方ができるというメリットがあります。

パートであれば、午前中だけ、午後だけ、週に数日だけといった働き方ができるので、家庭やプライベートを優先しながら働くことができます。


さらに、常勤の正職員に比べ、仕事の対する責任も軽いため、精神的なストレスも軽くなります。



また、医療機関では、人間関係が密になりやすく、それによってトラブルが起こることも少なくありません。



パート看護師の場合は、他の職員と大きく関わることも少なくなるので、人間関係が築きにくいのですが、人間関係によるトラブルに発展しにくいというメリットもあります。



給与面では、正職員に比べて給与は安く、医療機関によっては手当や保障が付かないことがありますが、一般的なパートに比べて時給が高い傾向にあります。



関連リンク

img-2

パートとしても働ける看護師

看護師という職業は、他の職業よりも多くのお金を手に入れられます。そこで長時間働く事ができない方は、パートという雇用形態を選択する方法もあります。...

more
img-3

ライフスタイルに合わせて働ける看護師のパートの特徴

看護師の不足は未だ解決を見ず全国的に慢性化していることから、看護師の仕事を探す場合には他の職種に比べどの地域であっても多くの求人があります。そして、殊に看護師求人の中でもパートの仕事は非常に多くあり、総合病院から個人クリニックまで診療科も様々に人材が求められていることの他、高齢化社会を迎えた現在にあっては全国各地で介護福祉施設及び訪問介護等サービスが増えていることからこちらでも多くの募集があります。...

more